東戸塚駅発の始発列車を新設せよ

東戸塚駅発の始発列車を新設せよ

東戸塚駅の混雑緩和対策に、「始発列車新設」を。北井が、戸塚区選出議員団会議で提案

JR東戸塚駅の「混雑緩和」の問題は、地域にとって大きな課題です。そして横浜市では現在、新たな改札や階段等の設置案が検討中です。これはこれで、早期の予算化が必要です。
しかし、即効性が期待されるのがソフト面での対応です。これまでも湘南新宿ライン快速列車の停車について検討されてきました。しかし、藤沢駅~新宿駅間のJRと私鉄とのスピード競争(速達性)に難色を示してきたのがJRです。
ならば、「東戸塚駅を始発駅とする列車の新設を」と議員団会議で提案いたしました。これまでのダイヤを減らすことなく、東戸塚駅に無人の回送列車を着け、そのまま東京・新宿方面に走らせることが出来れば、戸塚駅の乗降客に影響を与えることなく、東戸塚駅のホームの混雑緩和は進みます。
横浜市の幹部職員によると、「これまで考えていなかった発想」とのことですが、ただちに「オール戸塚」で取り組むべき課題と考えます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL