18

攻めに転じ、立ち向かえ

 「正しく知り、正しく恐れる」。コロナ禍では、多くの県民が真偽の定かでない情報に翻弄されています。そんな中、県民の正しい行動変容を促すには、県行政からの情報発信は重要です。  一方、人々は出来る限り「ゼロリスク」を求めま […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

飲食店に安全と安心感の普及を

 これまでの様々な知見の中で「飛沫」が感染拡大の大きな要因であると分かってきました。人に直接飛ばすミサイルのような飛沫や、空間を漂うマイクロ飛沫、そして飲食時にテーブルに降り積もる飛沫を徹底的にコントロールすれば、一定の […]

11

第4波に備え感染経路を追え

 緊急事態宣言中、文教常任委員会が臨時開催。これまでの対策について質疑に臨みました。  過日ご報告の通り、学校における真冬の手洗いが課題である、と提言して来ましたが、子供たちは冷たい水道水でも我慢して手洗いに励んでくれて […]

21

コロナ克服へ県は総力戦で挑め

 本県の感染防止対策は、国の示す漠然としたガイドラインを基本にした取り組みです。しかも実際の現場対応は、知識にも意識にもバラツキのある各事業者任せです。そして現実には、様々な業種・業態でクラスターが発生しています。  こ […]

01

果敢に挑戦する県庁であれ

昨年からのコロナ禍で、私も含め議会側が県の対策について様々な提言・提案をするものの、それを県行政が受けとめ、果敢に挑戦しようという気概が足りないと感じます。とかく気掛かりなのは、県職員がチャレンジ精神を発揮出来ない環境に […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

冬場の学校での手洗いに課題

 学校や保育園等における感染防止対策の「冬場の課題」について、私が9月の本会議で指摘。その後の県教委等との協議の経過をご報告します。  文部科学省の学校・幼稚園における新型コロナのマニュアルによる手指の衛生管理は、「手洗 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

コロナから福祉の現場を守れ

 コロナ禍においても、三密にならないとサービスを提供出来ないのが介護施設・障害者施設・保育園などの福祉施設です。本県では感染防止対策ガイドラインとチェックリストによって、徹底を図っているものの、現にクラスターは発生してい […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

子供のネット依存問題、本気の対策を

 青少年のネット依存・ゲーム依存・スマホ依存(以下、一括してネット依存と表現)は、私も含め多くの議員から、過去に何度も問題提起されてきました。それは、成長過程の子供たちが、これらに多くの時間を費やすことの不利益や弊害を憂 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

感染防御と社会経済活動の両立を

 コロナ禍でも社会と経済を回すには、県民が「納得と安心」を実感出来ることが必要。感染症を正しく知り・正しく恐れることで、活動範囲は拡大すると考えます。  本県の感染防止対策の取り組みは、国が提示した各業種・業態のガイドラ […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

動画教材で家計負担の軽減へ

 私の提案=映像授業の活用が、2年越しで実現します。これで公立学校での子供たちの学びが、大きく変わります。過日ご報告の通り、県教委は「動画教材の充実」に、7月から着手。その進捗を文教常任委員会で確認しました。  担当課長 […]