北井ひろあき 戸塚区 県議

すべての「個性」を育む教育態勢へ

すべての「個性」を育む教育態勢へ  発達障害のある児童・生徒への教育支援を県議会で質疑しました。  昨年度から、本県の県立高校3校では、コミュニケーションに課題のある生徒が、少人数で安心して学習を進められるよう、「通級指 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

親への支援が児童虐待 防ぐ

親への支援が児童虐待 防ぐ  近年、痛ましい児童虐待事件が相次ぎ、その報道も繰り返されています。そして県議会でも、児童相談所の機能強化が叫ばれ、警察や弁護士との連携が進められています。このような状況ですから、私も機能強化 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

養育環境が誘引する依存症

養育環境が誘引する依存症  近年、スマホ等の普及によりゲーム依存問題は深刻化しています。そんな中、本年5月にはWHO(世界保健機関)が「ゲーム障害」を国際的な疾病として正式に認定しました。そこで「インターネット・ゲーム依 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

児童相談所が不要な社会へ

児童相談所が不要な社会へ  私が取り組む重要課題の1つ、児童虐待について、常任委員会で質疑しました。本県の児童相談所における虐待相談受付件数は増加し続けており、H29年度の1929件に対し、H30年度は2425件に上りま […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

公立学校に映像授業導入し、塾費用軽減

公立学校に映像授業導入し、塾費用軽減  私は、今年度の県議会で「公立小・中学校、高等学校で補習用として映像授業を活用していくべき」と、県教育長に文書質問を提出。教育長から「研究していく」旨の答弁書が出されました。 メリッ […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

青少年問題は「大人の問題」という認識で

青少年問題は「大人の問題」という認識で 県は昨年度、携帯電話端末等のフィルタリングの徹底強化と、いわゆる「JKビジネス」対策について青少年保護育成条例の一部を改正。子供たちを守るため、改正内容の周知とその実効性について、 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

子と親を守れ〜虐待の根絶 目指して

子と親を守れ〜虐待の根絶 目指して 今年度、私の県議会の担当は厚生常任委員会。審議内容は、高齢化対策や医療・介護・社会福祉そして青少年問題など盛りだくさん。そして先ず、児童虐待への対応について質疑しました。 東京都目黒区 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

山村留学で子供の可能性を拡げる

山村留学で子供の可能性を拡げる 神奈川県内の公立小中学校の不登校数は、平成28年度調査で1万人を超えてしまいました。叶うならば、すべての子供たちの学校復帰がベストですが、現実的な学校側の権限では、教育行政の限界も感じます […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

今年のテーマは「誰もが優(やさ)しさを」

今年のテーマは「誰もが優(やさ)しさを」 昨年12月、今、注目を浴びている新書「子どもの脳を傷つける親たち」の著者・友田明美教授を取材に、福井大学を訪ねました。目的は「養育環境が子供の脳に与える影響」の調査。 この本は、 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

学校現場に「法律的な視点」を

学校現場に「法律的な視点」を 教育の諸課題について「子供たちを守る」をテーマに県議会で質しました。 神奈川県教委は、児童・生徒のいじめや暴力行為といった問題行動、不登校に対し、様々な施策を積み重ねていますが、決定的な打開 […]