北井ひろあき 戸塚区 県議

公立学校に映像授業導入し、塾費用軽減

公立学校に映像授業導入し、塾費用軽減  私は、今年度の県議会で「公立小・中学校、高等学校で補習用として映像授業を活用していくべき」と、県教育長に文書質問を提出。教育長から「研究していく」旨の答弁書が出されました。 メリッ […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

青少年問題は「大人の問題」という認識で

青少年問題は「大人の問題」という認識で 県は昨年度、携帯電話端末等のフィルタリングの徹底強化と、いわゆる「JKビジネス」対策について青少年保護育成条例の一部を改正。子供たちを守るため、改正内容の周知とその実効性について、 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

子と親を守れ〜虐待の根絶 目指して

子と親を守れ〜虐待の根絶 目指して 今年度、私の県議会の担当は厚生常任委員会。審議内容は、高齢化対策や医療・介護・社会福祉そして青少年問題など盛りだくさん。そして先ず、児童虐待への対応について質疑しました。 東京都目黒区 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

山村留学で子供の可能性を拡げる

山村留学で子供の可能性を拡げる 神奈川県内の公立小中学校の不登校数は、平成28年度調査で1万人を超えてしまいました。叶うならば、すべての子供たちの学校復帰がベストですが、現実的な学校側の権限では、教育行政の限界も感じます […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

今年のテーマは「誰もが優(やさ)しさを」

今年のテーマは「誰もが優(やさ)しさを」 昨年12月、今、注目を浴びている新書「子どもの脳を傷つける親たち」の著者・友田明美教授を取材に、福井大学を訪ねました。目的は「養育環境が子供の脳に与える影響」の調査。 この本は、 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

学校現場に「法律的な視点」を

学校現場に「法律的な視点」を 教育の諸課題について「子供たちを守る」をテーマに県議会で質しました。 神奈川県教委は、児童・生徒のいじめや暴力行為といった問題行動、不登校に対し、様々な施策を積み重ねていますが、決定的な打開 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

「子供達を守れる学校」にするためいじめ・不登校の問題に全力で対応

「子供達を守れる学校」にするためいじめ・不登校の問題に全力で対応 「いじめ」と「不登校」の問題から、大切な子供達を守るために、12月の文教常任委員会で質疑しました。 原発避難児童へのいじめ問題で、現場の対応が問われていま […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

「なぜ人を殺(あや)めてはいけないのか?」教育の中で徹底を

「なぜ人を殺(あや)めてはいけないのか?」教育の中で徹底を ご承知の通り、今年7月に津久井やまゆり園で大変痛ましい事件が発生しました。このような事件を二度と起こさせないため、教育の観点から文教常任委員会で質疑しました。も […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

本気で児童生徒を守れ、「公教育の復権」へ

本気で児童生徒を守れ、「公教育の復権」へ 本紙面・前号に続き、文教常任委員会での質疑・発言を報告します。 学校現場は今、多難と言わざるを得ません。例えば不登校の問題。本県の公立小中学校では、平成26年度の不登校児童生徒数 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

教職員も民間の常識・感覚を

教職員も民間の常識・感覚を 前回、本紙面上で今年度、文教常任委員会に属する私の最大テーマは「公教育の復権」と宣言しました。 その一歩として取り組むべきは「教職員のコモンセンス=常識・良識の習得」。そこで6月14日・17日 […]