北井ひろあき 戸塚を優しい街に神奈川県議 北井宏昭


北井宏昭について


北井宏昭とは
●昭和42年4月2日生まれ。
●戸塚小学校、戸塚中学校、県立金井高校、関東学院・経済学部卒業。
●平成15年、神奈川県議会議員に初当選。
●平成19年、神奈川県議会議員に再選。
●平成23年、3期目の県議選で落選。
●(株)ミタカ・東北支店勤務
●平成27年、統一地方選挙で13,830票もの付託を頂き、神奈川県議会議員3期目がスタート。

北井宏昭が実現・取り組んでること


北井宏昭の政策テーマは、全てに対する「優しさ」の追求です。
多くの県民の皆さまが「優しさ」を実感出来る「人が優しくなれる社会づくり」「街づくり」を目指します。

柏尾川 アユ 戸塚
2015年に北井宏昭が掲げました「アユ漁が出来るように」を市民の皆様と進めて..続きを読む
戸塚 犬猫 殺処分 神奈川
県行政を犬猫殺処分ゼロ方針に導き出す答弁を引き出すことに成功しました。その裏には..続きを読む
ベンチ 戸塚 神奈川 選挙
県条例のガイドラインに「ベンチ=腰掛け」を盛り込むための提案を続けています。続きを読む
災害 戸塚 選挙
見逃しがちな災害対策の盲点。北井提案が県の「地域連携モデル事業」に認定さ..続きを読む
戸塚 スポーツ施設 神奈川 選挙
横浜市立の小中学校への整備促進が着々と進行中。県立高校グラウンドへの提案をし..続きを読む
ベンチ 戸塚 神奈川 選挙
県議のボーナスが4年連続で増額。国政大手政党所属議員は皆、賛成という…続きを読む
bnr_seisaku

「無所属」だからこそ県民視点


「無所属は質問時間が無いから仕事が出来ない」と言われることが多くあります。間も無く任期を終えますが、今期4年間の県議会における質問機会についてご報告いたします。

北井の質問・質疑の機会(2015年~4年間)

本会議・代表質問×0回 4名以上の会派=交渉会派で代表して行う形式の質問のため、北井はゼロです。
本会議・一般質問×1回 会派ごとに回数が割り振られます。1~2期目の若手議員に登壇の機会が多い傾向にあります。
質問主意書×7回 本会議場での出番が極端に減ったことを補ってくれる質問方法です。定例議会ごとに提出可能です。知事や局長・教育長から、答弁書が帰ってまいります
各種常任委員会×24回 8つの常任委員会の中から毎年度1つに所属します。質問時間は全委員の人数で均等に配分されます。北井には定例会ごとに出番があります。
予算委員会×5回 それぞれ1ヶ年度任命されます。質疑時間は全委員の人数で均等に配分されます。
決算特別委員会×6回 北井には委員会の開催日ごとに出番があります。
各種特別委員会×0回 年度ごとにテーマを決めて設置される特別委員会は交渉会派だけで構成されます。

以上の通り、本会議での出番が少ない分、質問主意書=文書質問という手法が活用できます。同時に、神奈川県行政は、

「的を射た提案・提言」を行なった場合、それを政策に反映させてくれます。(犬猫殺処分ゼロ然り)

政党に所属すると、政党の仕事に時間が割かれることが多々あります。
無所属だからこそ、掲げた政策にしっかりと時間を費やすことができます。