北井ひろあき 戸塚区 県議

県立高校に現実的な避難所機能を

県立高校に現実的な避難所機能を  年頭から私のライフワークの一つ、「災害対策」の話題で恐縮です。  横浜市における指定避難所=地域防災拠点の収容人数は、現実的に人口の7%強が限界と私算。大規模災害時には、指定避難所はパン […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

公立学校に映像授業導入し、塾費用軽減

公立学校に映像授業導入し、塾費用軽減  私は、今年度の県議会で「公立小・中学校、高等学校で補習用として映像授業を活用していくべき」と、県教育長に文書質問を提出。教育長から「研究していく」旨の答弁書が出されました。 メリッ […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

全国をリードする「ひきこもり対策」へ前進

全国をリードする「ひきこもり対策」へ前進  県内の「ひきこもり」等の社会的孤立者は、15〜64歳で約9万人と推測されています。すでに生産年齢人口が減少傾向にある神奈川県において、眠れる「人材の宝庫」としても、財政的側面か […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

子と親を守れ〜虐待の根絶 目指して

子と親を守れ〜虐待の根絶 目指して 今年度、私の県議会の担当は厚生常任委員会。審議内容は、高齢化対策や医療・介護・社会福祉そして青少年問題など盛りだくさん。そして先ず、児童虐待への対応について質疑しました。 東京都目黒区 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

山村留学で子供の可能性を拡げる

山村留学で子供の可能性を拡げる 神奈川県内の公立小中学校の不登校数は、平成28年度調査で1万人を超えてしまいました。叶うならば、すべての子供たちの学校復帰がベストですが、現実的な学校側の権限では、教育行政の限界も感じます […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

学校現場に「法律的な視点」を

学校現場に「法律的な視点」を 教育の諸課題について「子供たちを守る」をテーマに県議会で質しました。 神奈川県教委は、児童・生徒のいじめや暴力行為といった問題行動、不登校に対し、様々な施策を積み重ねていますが、決定的な打開 […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

ベンチ・腰掛けで、皆に優しい街づくりを

ベンチ・腰掛けで、皆に優しい街づくりを 先月の県議会・本会議で「道路をはじめ、街のいたる所に腰掛け=ベンチがあることを、街づくりの指標にして欲しい」と知事に訴えました。 仮設住宅の「縁台」が活躍 ベンチを活かした街づくり […]

北井ひろあき 戸塚区 県議

vol.2 大規模災害に備えよ/質問趣意書と県知事回答

大規模災害に備えよ 「災害発生時の治安維持対策の強化・治安悪化に備えよ」 改選後、最初の議会で北井が文書質問=質問趣意書を提出。 しかし、県行政は、「大規模災害時に治安が悪化する、という認識無し」、という回答。これでは、 […]